EJTの中古5579-xxxはすべてヘッドケーブルカバー付

 

IBM/RICOH5579-xxxは最速で1秒間に漢字400文字を出力します。たとえば、印字速度が1秒間に200文字印字する機械と比較すると印字ヘッドは2倍のスピード(距離)で移動します。このためプリンターヘッドケーブルにかかる負荷が5577(低速機)に比べ非常に大きく、中古機(長期間使用した機械)はプリントヘッドケーブルが5577に比べ特に劣化しています。リボンカセットとの摩擦でさえも、プリンターヘッドケーブルの被覆がはがれて徐々に断線していきます。断線していくと挙動不審が始まります。 印字が途中で止まったり、停止、印字を繰り返すようになって、最終的には動かなくなります。このヘッドケーブルにつながっているセンサーも不能になっていきます。弊社の1年保証5579機械はすべてプリンターヘッドケーブルのカバーを取り付けて出荷いたしております。 スポット修理の際にご希望のお客さまには、一緒に取り付けをしています。(\4,000.-税別)(右画像参照)*5579-N05には出荷時よりこのカバーが取り付けられています。



5579-nz2

 

5579-NZ2/5579-N05/Apti V1000(写真1)

保護カバーがついた状態

5579-xxx

 

まだ正常に動いてますが、被覆がはがれ

はじめています。(写真2)